ポスト・ソリューション-フォーカスト・アプローチ実践トレーニング

(問題や原因よりも)解決に焦点を合わせ(過去よりも)未来・将来を見据えクライアントの(病理や弱さよりも)強さや力に注目し、彼らのリソース、可能性を活性化させながら(クライアントにとっての現実的な)解決の実現・構築を目指したのがソリューションーフォーカス・アプローチでした。そして、それらをベースにセラピストとクライエントの関係性をより深め発展させたモデルをご紹介いたします。

■講師:白木 孝二先生

現 職 Nagoya Connect & Share (RDIを提供する専門機関)代表
1975 年 名古屋市児童福祉センター 相談課(児童相談所 児童心理司)
くすのき学園(情緒障害児短期治療施設 セラピスト)
療育室(障害児総合通園センター セラピスト)

■実施日:2010年、2011年開催

「非言語コミュニケーション」

第一印象の9割をしめるといわれる言葉以外の、表情やボディランゲージなどから、相手とのコミュニケーションの円滑 …

開発者・中川臨床心理学博士による 「タッピング...

image001

「タッピング・タッチ」とは、指先の腹のところを使って軽く弾ませるように左右交互に優しくたたくことを基本とした …

「伝わる話し方!プレゼンテーション術」

CIMG1835

声、ボディランゲージなど、十人十色。個性に合った伝わる話し方を伝授。ぺらぺら話すだけがプレゼンではない!

非言語ボディランゲージ講座(夜)

DSC04367

ビジネススキルや対人関係をアップ。 言葉以上に意思や感情を伝達する「声にならない声」に気づくことができるよう …