ポスト・ソリューション-フォーカスト・アプローチ実践トレーニング

(問題や原因よりも)解決に焦点を合わせ(過去よりも)未来・将来を見据えクライアントの(病理や弱さよりも)強さや力に注目し、彼らのリソース、可能性を活性化させながら(クライアントにとっての現実的な)解決の実現・構築を目指したのがソリューションーフォーカス・アプローチでした。そして、それらをベースにセラピストとクライエントの関係性をより深め発展させたモデルをご紹介いたします。

■講師:白木 孝二先生

現 職 Nagoya Connect & Share (RDIを提供する専門機関)代表
1975 年 名古屋市児童福祉センター 相談課(児童相談所 児童心理司)
くすのき学園(情緒障害児短期治療施設 セラピスト)
療育室(障害児総合通園センター セラピスト)

■実施日:2010年、2011年開催

「ストレス軽減!上質コミュニケーション」

人の悩みのほぼ9割は人間関係です。コミュニケーションストレスを減らすことによって本人の質、仕事の質、組織の質 …

「相手の心を知る他者理解の心を育てる」

2013年5月・ 元 藤 工 業

自分の意見を言えない人、何を考えているかわかりにくい・・・など相手の心は見えないことが多いです。本講演では、 …

「クリエイターのためのコミュニケーション能力...

IMG_2029

制作は得意だが、対人関係は苦手というクリエイターは少なくありません。 しかし実務ではコミュニケーションは大変 …

「風通しの良い社内環境を得るには…」

宮田教授

上司、部下の意思疎通がスムーズであること。あるいはトラブルがあってもそれを乗り切るに必須なこととは??風通し …