「6000m級雪山登山においてのヒューマンエラー」

建設業界向けの安全大会の講演。
技術がずば抜けているわけでもなく、必死に行程こなしたっていうのが真実。
5000~5500mの岩場は雪も風で吹っ飛んだ岩壁を、アイゼンで深夜に攀じ登るときは、本気で家に帰りたくなったり。
さむい、暗い、見えない・・・
そんな心の動きの自分とのコミュニケーション。

簡単に救急車がくる環境ではない故に遠征トレーニングは1年にわたり実施。
うっかり、自己過信が自分の命と周りへの影響もあり大事故になりかねない環境。
・いつものことが普通にできない環境。
・真っ暗闇でも無意識にできる技術が命を守る。
・めんどくさいの向こう側。
・身体も心も順応できる図太さって素敵!など
山のこと、心の動き、ストレスマネジメント、など約1ヵ月に及ぶ山旅は
アウトプットしないと薄れていくものなので、お役に立てればこれ、幸いです。

「本音は顔としぐさに書いてある!非言語コミュ...

~言葉では表さない相手の情報を読み取ろう!~ 第一印象のほとんどが、非言語(言葉以外)の影響です。対人コミュ …

「人生の質はコミュニケーションの質から!縁か...

自分の領域を超えたところにヒントはある。それは、人からやってくる。そのアプローチ方法などを伝える。

「実践!できるビジネスパーソンの服装術」

第一印象でのイメージはかなりのインパクトがある。言語以外の非言語といわれる分野が印象を決めるという内容を服装 …

「風通しの良い社内環境を得るには…」

上司、部下の意思疎通がスムーズであること。あるいはトラブルがあってもそれを乗り切るに必須なこととは??風通し …